おはじめのお子様・楽しみたい方

◆Museピアノ教室◆音楽を通じて感情や心の豊かなお子様になってほしいと考えています。お子様がわくわくして自分から楽しんで学んでくれる。そして一番大切な「音楽を楽しく好きになる!」を目指しています。自由で素直な発想と創造力、自主性、表現力、好奇心がどんどん身についていけるように、お子様の性格や個性を大切にレッスンしています。

『おはじめのお子様』

小さなお子様はリズム体操やお歌を歌ったり、まず音楽を体で感じ 楽しい・悲しい・元気・美しい...など音に心を動かせる。お子様本来の多感な気持ちを音とともに表現できる一方、楽譜を読める第一歩がはじまります。色で覚えてもらったり、書いたりシールを貼ったり...お絵かきの延長から学んでいきます。ピアノに触れて音楽にしていくのも、最初はとなりでサポートしたくさんの音のハーモニーに出会っていただきます。3才までのお子様はリトミックの要素を取り入れ体で音楽を感じ・見て・聴いての集中力を養います。3才~就学までのお子様はリトミックと共にピアノのお稽古が始まります。


音楽を楽しむ…本当はどんな事でしょう…■言葉のリズム例えば3つの言葉「みかん」「りんご」「バナナ」「メロン」…をピアノに合わせて大きな声で手をたたきながら。そして「みかん㌧」「りんご㌧」拍子を変えてみます。ピアノで高低をつけて、高音は頭・低音はおひざ。リズムと共に音を聴き分ける事ができるかな?…そんな遊びから楽しく音にふれていきます。3つの言葉は沢山ありますが4つとなると「ひまわり」「あんぱん」…「パトカー」「ドーナツ」いろんなリズムになっていきます。「あめがーざーざーふってきてー」だんだん複雑になっていきます。ピアノに合わせて手をたたきます。何音符で何拍子で、はもっとあとから。もっと何がある?おしえて?と一緒に考える事をすると楽しいみたいです。言葉遊びから知らず知らず拍子やリズム・考える力や聴き取る集中力が養われます。まず音を言葉で楽しみ、やがて来るピアノのお稽古に備えていきます。そして音楽の楽しさにつなげていきます。

『小学生のお子様』

楽譜通りきっちり動く指づくりからはじまり、弾いている曲はどんな感じがして、どんな風に弾きたいのか...いろんな事を投げかけ考える力も育てていきます。想ったイメージで弾けてるのかをジャッジできる耳も訓練していきます。学校では、合唱の伴奏や器楽合奏が盛んです。率先してピアノ伴奏を引き受けている生徒さんばかりです。きっと弾くことが楽しいのでしょうか。そしてお友達の中でヒーローになるのが心地よいのでしょうか。これでよいのだと思います。コツコツ練習だけでは心が喜びません。気持ちよくなれるように努力の先にプレゼントがあるよ!とレッスンしています。基礎テクニックを基盤に、表現力を育てるテキストを使用しながら、生徒さんたちのリクエスト曲もまじえて楽しく進めていきます。


楽譜通り止まらずミス無く弾くことだけが大切ではなく、どんな風に弾いてみたい・こんなイメージで弾きたいと思えることが大切です。それを目指して練習を続けると自然と止まりたくないと思えるようになり自然と止まらない・弾き直しのない演奏、ミスの無い演奏につながるのです。文章を読むのと一緒で、音も一つの流れを大事にしなければいけません。美しい流れを作るために理想の指使いが必要になります。綺麗な声で読むのと同じで、音も美しい響きが大切です。抑揚や感情をこめて上手に読むように、音楽の作り方も一緒です。息使いや間の取り方もです。書くととても難しく聞こえますが、生徒さん達には学校の国語と同じだよと説明していくと、とても良く理解してくれます。趣味で習ってる生徒さんも好きな曲で、音を音楽にするコツを練習しています。好きな曲だから、どう弾きたいとか感情の込めかたもイメージできるのでしょう。この難しそうな話は趣味の生徒さんもワンランク上を目指す生徒さんも同じです。みんな素敵な音楽を目指しています。

無料体験実施中!

他のレッスンコース

奈良県平群町◆Museピアノ教室◆お申し込み・お問い合わせは こちらから